有機JAS講習会Q&A

ー 有機JAS講習会は、なんのためにあるのですか?

まず有機JASとはどのような認証なのか説明させて頂きます。 有機農産物と有機農産物加工食品をオーガニックとして表示(販売)する場合、生産者や加工業者は、登録認定機関の検査・認証を受け、有機JASマークを付けることが義務付けられています。 有機JAS認証ができた理由としてはこの制度は、2000年から施行になりましたが、それ以前は有機表示のガイドラインに基づいて、生産者や加工業者の自主的確認のみで有機表示できました。しかし当時から、ガイドラインを満たさない食品がオーガニックとして販売され、市場は混乱。真面目にオーガニックを作っている人たちまで疑われるという事態に陥っていました。 そんな折、国際的にもオーガニックの表示ルールを決めようという機運が高まり、国連の下部組織であるコーデックス委員会で議論が行われ、1999年コーデックス規格が発行しました。 翌年には、コーデックス規格に基づいてJAS法のオーガニック表示ルールが確立しました。すみません、長々となってしまいましたが有機JASができた経緯や細かい規約を説明されます。

ー いつからいつまで受けましたか? どこで? いくら?

* 日程として10時〜17時、丸一日で受講終了となりました。 * 場所は秋川牧園という有機農産物を扱う会社が主催でそこの会議場で開催されました。 * 受講料は4000円 (修了証明書交付3000円+講習代、資料1000円)③講習はどんな感じ? 

ー どこで、だれが。受講生何人ぐらい?

講習会は10人ほど参加していました。 講習会の流れとしては講師の説明を受けて、最後に復習として小テストをやりました。

ー 修了書はその日に発行? 取得した感想は?

修了証明書は即日発行してくれます。取得した感想しては意外と簡単に修了証明書を貰えてしまったのであっけらかんとした感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です