ナントの木

ー これは何ですか? 棒っきれ?

「サクランボ 1年生。ただの棒ですね」

ーこれがサクランボになるのですか?

「下の方のちょっと折れ曲がってテープを巻いてあるところが「接ぎ木(つぎき)」と言って、下の部分の台木(だいぎ)と上の部分の実桜をつないでいる場所です」

ー 台木……「き」じゃなくて「ぎ」。だいぎ。

「台木は青葉桜で、桜の台木によく使われるものです。接ぎ木で作られたものは、すべてクローンです。日本中に植えられているソメイヨシノも、もとは一本の桜で、すべて同じクローンです。接ぎ木は面白いです」

ー なんとすべてクローン。あの桜、この桜、すべてクローンとは

「例えば、台木の枝に、いろいろな品種の枝を継ぐこともできます。一本の木に、佐藤錦、紅秀峰、紅きらり、、、、などいくつもの品種の実を成らせることも可能です。実際にわたしの友達がやっています。さらに驚くべきことに……!」

ー なんでしょう?

「なんと!」

ー なんでしょうか!

「なんと、一本の木に、サクランボだけでなく、ナシや、リンゴもできます。写真でしか見たことがありませんが、できるらしいです。ここまでくると恐ろしいですね」

ーなんと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です